君もAV女優になれる!

君もAV女優になれる!
AV女優になりたい、と思っている女性も、もしかするといるかもしれません。しかし、街でスカウトされるのを待っていても、いつまでもこの仕事を始めることはできません。プロダクションのホームページでは、実にたくさんのAV女優の募集広告が出ています。いくつかのサイトを見て、満足できる条件の会社を探してみましょう。応募して面接に行けば、誰にでもAV女優になることはできます。世の男性たちを、あなたの体で癒してあげましょう。

<18歳以上なら…!>
AV女優になるための条件は、18歳以上であること。ただそれだけです。特に不美人でも関係ありません。裸を晒して男優とセックスする覚悟があれば、誰でもなることができます。学歴不問の、実にわかり易い世界です。この世界で勝ち抜くのも、素敵な生き方です。実際、AV女優として働いた後、別の職場で活躍している人も少なくありません。
あなたに勇気さえあれば、すぐそこにデビューのチャンスは待っています。


スクリーン越しの女優たち
映画スクリーンに映る女優でその時代の空気感がわかると言えます。
戦中から活躍したドイツのマレーネ・ディートリヒはマニッシュなスタイルで多くの観客を魅了しました。
映画だけではなく反戦歌なども歌い、自分の意見を主張し続けた強い女性でもあります。
退廃的な美しさは彼女以上の俳優は未だに出ていないというほどの存在感でした。
その後、可憐でまるで妖精のようなオードリー・ヘップバーンに注目が集まりました。
同時期に人気だったマリリン・モンローに比べてバストが小さいことを気にしていた彼女に、プロデューサーが「世界中の人たちは君の瞳に釘づけで胸のことなんて気にしないだろう」といったといいます。
それほど魅力的な吸引力の瞳を持っていました。
先日アカデミー助演女優賞を受賞したアン・ハサウェイはまさに癒し系のヒロインです。
大きなタレ目が印象的で優しい包容力のある雰囲気を持ちながら圧倒的な歌唱力があるというまさに時代にピッタリなアクトレスです。
その時代時代の空気を象徴するのが女優なのです。

作品ごとに違った演技
映画女優は、作品ごとに違った姿・演技で魅せてくれるのが素晴らしいと思う今日この頃です。
先日レンタルして見たDVDでも、お気に入りの女優が主演していたのですが、これまでに無い役柄で、とても新鮮に感じました。
以前よりも表現の幅が広がっていて、表情や仕草、台詞回しが上達していましたし、同じ女性でも、演技の仕方次第で本当に印象が変わりますから興味深いです。
また、女俳優は、駆け出しの頃にまったく期待していなかった場合でも、ある作品で突然大化けすることが時としてあります。
有能な監督や面白い脚本、上手い共演者達に刺激を受けたのか、眠っていた力が花開くように見事な演技を披露して評価を一変させる、そんな現場を皆さんも何度か目撃したり、聞いたことがあるのではないでしょうか。
驚きも感動も、その身ひとつで体現することの出来る才能を持つ女優は稀ですが、そういった真の役者を見つけるべく、これからも様々な作品を鑑賞していきたいです。